Posted by at

2014年11月22日

10・11・12月生まれお誕生日会☆

11月19日(水)、気持ちのいい快晴。

サイドルームではテキパキと台所で作業をするエプロン姿の母達。
今日は10・11・12月生まれのお誕生日会の日です♪

光の園のお誕生日会では、お誕生日月のお母さん達がみんなの昼食を作ります。お口も包丁を持つ手も軽快に、みんな仕事が早い!さすが、忙しい毎日をこなしている主婦。凄いですね(*´▽`*)

昼食準備もひと段落し、園舎へ移動。
そこには、いつものように輪になって座っている子ども達。自分の子の後ろに座り一緒に礼拝を行います。

私は、この礼拝の静かで温かい空気が大好きです。昨年もでしたが、この時点で涙腺のスイッチON。

ロウソクに一本づつ灯をともし、お母さんからのメッセージ。今年のお題は『自分の子どもの素敵なところベスト3』

『美しいものを見て、自分も近づこうと真似る』
『つっこみ上手』
『筋肉』
『集中力』
『やさしい』
『娘の良い所は3っつにはしぼりきれない!』というお父さんのお話だったり(笑)

その子らしいエピソードに笑いあり、涙あり(^-^)

そしてどの家庭でも
『子どもの笑顔が一番可愛い!』

私たちは日頃、子どもから沢山の『笑顔』と『ありがとうの気持ち』をもらっています。毎日、子どもの為にと忙しく見過ごしていましたが、このテーマを通じて改めて気付くことが出来ました。
ありがとうございます!

今回のお母さん達からの、お楽しみは・・・
お豆のダンスと紙芝居でした。
しかも、ウクレレの伴奏付♪
『だいこんさん、にんじんさん、ごぼうさん』という、お風呂好きな大根は白く、長湯の人参は赤く、お風呂嫌いなゴボウは黒いというお話。それぞれの役の台詞にお母さんの個性が丸出しで、面白かったですよ~。上品な大根、セクシー人参、淡々と喋るゴボウ・・・ウケました。


収穫感謝礼拝の日に、このお話を思い出しながらお野菜たっぷりのお汁を食べてくれたかな?

そして光の園レストランンの本日のメニューは


☆グルグルマカロニのナポリタン
☆かぼちゃと長ネギのスープ
☆葛粉と寒天を使ったリンゴゼリー

『こんなにお腹ふくれた~』と、触った小さなお腹がポッコリ。沢山食べてくれると、本当に嬉しいですね(^-^)


当日体調が悪く、お誕生日のお祝いが一緒に出来なかったCちゃん。早く元気になって、お祝いしようね。



じゃけんちゃん
  


Posted by ひかりっこ at 07:19Comments(1)

2014年11月13日

クリスマス会へむけて



いよいよ、ひかりの園最大(?)イベント、クリスマス会で、
保護者が発表する”歌”と”トーンチャイム”の練習がスタートしました!

クリスマス会本番まで週1~2回集まって練習します。

ほしぐみさんの息子と私も初体験なのでドキドキicon12
お菓子入のアドヴェントカレンダーを飾ってワクワクicon64

ちなみに私はトーンチャイムにチャレンジすることにしました。
楽譜は・・・手作り・・・!!しかもパート分け、音符の色分けまで!
初心者に優しい至れり尽くせりの楽譜が用意されていてびっくり!!

リーダーの方々、どうもありがとうございましたicon06

練習中は、トーンチャイムの透き通るような音色に癒されつつ
思うように音が止められないところにあたふたしながら練習を終えました。

”神の御子は”、大好きな賛美歌なので出来上がりが楽しみです。

一つの曲をみんなで完成させる=一体感を味わう

にはもってこいなトーンチャイムです。


隣の部屋からは歌の練習も聞こえてきます。

本格的な発声練習と、先生&保護者のみなさまの美しい歌声・・・icon12

しかも今年の賛美歌は一味違います。

バザーでの、こもれび劇場&ファイナルの感動をもう一度icon67

リコーダーとウクレレ伴奏でのインドネシア発・ノリノリ賛美歌です。好ご期待icon65


最後に、練習風景などを撮り忘れたので

子供たちの似顔絵&人文字で、”ひかりの園50周年”をお祝いした写真を載せてみました。

とってもカワ(・∀・)イイ!!ので、クリックして大きくしてみてくださいicon112

  



Posted by ひかりっこ at 11:08Comments(3)

2014年11月08日

芋ほり遠足


11月7日(金)朝6時半に飛び起きた娘の第一声

「今日は芋ほりやん!!早く行かないとバスに乗り遅れるよ~!!」

今日は待ちに待った芋ほり遠足の日、楽しみにしていた子供たちの気持ちが届いたのか、朝からいいお天気 

芋ほり初体験の娘は前日から「明日はいつもより15分早くいかないとバスにのれんとよ!」「いつもの靴では行きません。長靴じゃないとね!」「スカートはだめだよ。ズボンで行かないと」と言いながらいつもより早寝して心も体も準備万全だったからか、登園の準備がいつもの朝よりとってもスムーズでした。(普段もこの感じでお願いしまーす(-_-)/ 

いよいよ登園して金武の里公園へ・・みんなとても嬉しそう(*^_^*)二コニコ元気に出発していきました。

無事に大きな袋を持って帰ってきた子どもたち、「こんなにとれたよ~」と嬉しそうに見せてくれました。袋の中はまるで光っこのように大小個性豊かなお芋たちう~ん美味しそう子ども達みんなとても充実した良い表情をしていました。

帰宅後、早速とってきたお芋を新聞紙に広げて数を数える娘。「私がお芋全部洗うから!」とキレイに洗ってくれました。

 

 キレイになったお芋を見て、普段はいも類が得意ではない娘が「もう食べてみたい!!」というので小さいお芋をおやつにふかして食べました。ホクホク甘くておいし~

 

夕食もお芋ご飯と炒め煮

「私が獲ってきたお芋おいしかったでしょ~」と嬉しそうに話す娘の話を聞きながら、

私たちもおいしく楽しいお芋尽くしの一日になりました。


普段何気なく自分たちが食べている物がどんな風に育っているのか、いろいろな恵みをたくさん受けて育ったさつま芋を自分で収穫することで食に対しての興味が深まったり、食べ物は与えられているという事に感謝する気持ちを改めて持つ良いきっかけになったのではないかなと美味しそうにお芋ご飯を食べる娘を見ていて感じました。

先生方、良い体験をさせて頂きありがとうございました。

ちなみにさつま芋は収穫してしばらく置いておいた方が甘くなるそうなので残っているさつま芋達は少し置いておいて今度はデザートを作ろうかなと考えています。(皆さんは何を作りましたか~?美味しかったレシピなどあれば食いしん坊な私に教えてくださーい。)

美味しいお芋をごちそう様でした


FM☆野芥


  


Posted by ひかりっこ at 18:30Comments(3)

2014年11月04日

光の園幼稚舎創立50周年

平成26年11月3日(月祝)晴れ

昨日は、田隈バプテスト教会付属 光の園幼稚舎創立50周年記念感謝礼拝が行われました。
風が冷たかったけれど、きれいな青い空が広がり、あたたかい太陽の光が、
記念礼拝に集った多くの方々の上に優しく降り注ぎました。

この小さな小さな幼稚園が、50年という長い年月続いてきたなんて、何て素晴らしい事でしょう!
そして、この記念の時を、たくさんの方々と共にお祝いする事が出来、嬉しく思いました!
そして、ムスメが在園出来ているのは、多くの方々の支えがあっての事だと、改めて実感しました!

創立50周年 誠におめでとうございます!



在園児の保護者に配布された記念誌には、教会の方々手作りのマドレーヌが添えられていました!


園長先生がこの日選ばれたのは
『 あなたがたは世の光である 』 ~聖書:マタイによる福音書5章14節~

ひとりひとりが放つ光・・・キラキラ輝く才能の光もあれば、場を和ますユニークな光もあれば、
お友達を癒す笑顔の光もある。
どんなに小さな光でもいい。弱い光でもいい。不十分な光でもいい。
必要とされない光(=こども)なんてない。
そんな風に、私は解釈しました。
そして、より一層我がムスメが愛おしく思え、なお一層大切に育てて行こうと思いました。




こどもひとりひとりを大切に、ありのままを認め、愛して下さる光の園の先生方。
それによって、大切なことに沢山気づいていくひかりっこ。
揺るがない愛に心満たされたひかりっこは、たくさんの光を放ち続け輝き続けることでしょう。
50年続いた所以、ここにあり!と、私は思いました。



撮影は、SmileFlower父さん!いつもありがとうございます!


さてさて、この記念すべき50周年という節目の年に、
ご自身が光の園卒園児、ご自身の愛娘ちゃんが在園児という
スペシャルなMママがいらっしゃいます♪
そのMママにインタビュー決行!!!

Q.ご自身が園児だった頃の記憶(思い出)ってある?
 記憶に残っていることは、みかん狩りや芋掘り遠足です。
 あと、園児の家にツバメの巣がたくさんあって、みんなで見に行ったこともありました。
 でもかれこれ40数年も前のことになるので…曖昧な部分もあります。
 (あ!Mママ年齢バレてますけどあは)


Q.愛娘ちゃんを、ご自身が卒園した光の園に入園させたのは、どうして?
 まず、私が卒園したところだったので安心感があったのと親子で同じ幼稚舎という
  共通をつくりたかったから。
 (愛娘ちゃんが成長して、後々、親子で光の園思い出話をするんだろうね~何か素敵♪羨ましいわ♪)


Q.光の園が50年続いた理由って何だと思う?
 教会の方々、先生方の協力はもちろんあってのことですが、子供を真ん中にして、
 親も子供と共に成長して感じていけるという 光の園ならではの教えで続いてこれたのでしょうか…
 (確かに!私も光の園とのご縁によって、日々たくさんの気づきがあり、学びがあります。
  育児は育自、こんな未熟者の私でも、やっと親らしくなってきたかも・・・笑)


Q.卒園児として、また在園児の母として、記念礼拝に親子で参列した感想は?
思い出写真の時に私自身の幼少の写真も載せていただき、40年という長い歳月を経て
 娘も同じときに映るという感慨深いものになりました。
 親になれたことにとても感謝しています。
 (確かに!私も我がムスメの母親になれたことに感謝!
  そんなシンプルだけど大事なことに気づかせてくれる光の園に感謝!)


Mママ、ありがとうございました♪



最後になりましたが。。。実行委員会の方々、教会の方々、先生方、保護者の方々
ご尽力下さった多くの方々、本当にありがとうございました!

また1年そのまた1年と光の園幼稚舎の歩みが末永く続いていく事を願っています!



美詞
  


Posted by ひかりっこ at 22:50Comments(5)